建築・建設業のファクタリング

2019年05月13日(月)

ファクタリングが建設業で人気のわけ

今、建築・建設業界では「ファクタリング」という資金調達方法が注目されています。ファクタリングとは、未回収の売掛債権をファクタリング会社に売却して現金を受け取って経費の支払いなどに充て、売掛金が入金されたらファクタリング会社に支払うという手法です。数か月先に入金される売掛金を前倒しで得られるとイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

売掛債権を売却するので信用情報に影響がなく、担保や保証人も不要。提出書類や審査も簡素なので最短即日で資金調達ができ、取引先に知られずに利用することも可能です。後述しますが、手形割引、銀行融資と比較してさまざまなメリットがあります。

特に建築・建設業を営んでいると人件費や外注費、資材費など、何かと経費がかかるものです。一方、売掛金は引き渡し後に支払われますので、資金繰りが円滑にできなくなる・仕事が滞るケースも少なくありません。会社の内部留保や個人資産を取り崩して経費の支払いをされている経営者の方もいらっしゃるでしょう。入金される予定の現金を前倒しで得ることができれば、経費の支払いも可能となり、資金繰りがスムーズになります。

リスクが低く、すぐに利用できるので、多額の経費が必要なのにもかかわらず、現金が入るのが遅い傾向がある建築・建設会社にはうってつけの資金調達方法と言えます。

手形割引のリスク

従来、建築・建設業界では「手形割引」という手段での資金調達が主流でした。手形(約束手形)とは、振出人が「特定の期日に予め定めた現金を支払います」という約束をするために発行する有価証券のことです。銀行など金融機関を通じ、受取人に対して手形を発行します。手形割引とは、手形を担保に融資を受ける資金調達の手法です。

「将来受け取れる予定の現金を前倒しで得る」という意味ではファクタリングと似ています。しかし、手形割引にはリスクが伴うのです。

まず1つ目は不渡りになることが挙げられます。手形割引は融資であり、約束手形は担保です。もし、手形が不渡りになってしまったら現金は手に入りません。しかし、手形割引で融資を受けた金額は債権者に返す必要があります。

2つ目は利用するのにハードルが高い点です。手形割引は融資なので当然ながら審査があります。時間がかかるのですぐに資金調達をするのは難しいです。会社の財務状況が悪く、債務超過、税金などの未払い、赤字決算などに陥っていると手形割引を利用できる可能性が低くなります。また、仮に債務を履行できなかった場合には信用情報に傷がつきます。

ファクタリング・手形割引・銀行融資のメリット比較

手形割引、あるいは銀行融資とファクタリングの一番大きな違いは契約形態と言えます。手形割引・銀行融資は借入れ、ファクタリングは売掛金買取です。この違いがあるからこそ、ファクタリングが利用者にとってさまざまなメリットを産み出すのです。下表にファクタリングと手形割引、銀行融資の違いをまとめました。

ファクタリング 手形割引 銀行融資
契約形態 売掛金買取 借入 借入
現金化時期 即日~ 1週間前後 1か月~2か月
返済義務 不要 あり あり
償還請求 不要 あり 不要
手数料 掛け目 年率 年率
信用情報 影響なし 影響なし 影響あり
担保・保証人 不要 不要 必要

手形割引・銀行融資はある程度の審査期間(1週間~2か月)を経てようやく現金が手に入ります。しかも、必ず融資が受けられるとは限りません。手形割引であれば手形、銀行融資であれば不動産などの担保と保証人も必要です。

当然ながら返済義務も発生し、延滞や債務不履行になってしまったら信用情報に影響が出る場合もあります。

ファクタリングは売掛債権を売却するので、申込みや審査も手形割引・銀行融資と比較すると非常にシンプル。申し込んだその日に現金化も可能です。もちろん、担保や保証人も必要ありません。売掛債権を売却するので、仮に取引先が倒産などをして売掛金が回収できない場合は、債権者であるファクタリング会社と債務者である取引先の問題となりますので、ファクタリングの利用者に返済義務は生じません。

このように、ファクタリングは手形割引・銀行融資と比較してさまざまなメリットがあるのです。

実際の活用事例

ファクタリングは手形割引・銀行融資よりもリスクが低く、利用者にとってメリットが数多くあることがおわかりいただけたかと思います。実際にキャピタルプランナーでもファクタリングを活用して経営危機を乗り越えた、あるいは事業を拡大された建築・建設会社さまの事例が豊富にございます。以下に2つ事例を挙げますので、ご参考にしていただければ幸いです。

【横浜市の建設業G社様のケース】

ご依頼の背景と状況

横浜で建設業を営むG社さまの事例です。1,000万円で修繕工事を受注されたということですが、外注費がネックでした。入金は2か月後。材料の仕入れ代はなんとか捻出できたものの、外注費が支払えないという状況に。現場は日払いということもあり、支払いが滞ると最悪工事がストップしてしまい、売掛金も手に入らなくなってしまうという崖っぷちの状況でした。

かなり急いでおられ、手形割引や銀行融資を受けようにも審査に時間がかかって間に合わないということで、ネットであれこれ調べ、ファクタリングという資金調達法があることを知られたそうです。

複数のファクタリング会社のホームページを見られたそうですが、即日対応可能であることが決め手で弊社にご相談いただきました。

審査から現金化までの期間

お電話でのお問い合わせの翌日に弊社にてG社さまの社長と面談を実施しました。その後、申込み手続きを行なっていただき、その日のうちに現金をお支払いしました。

利用額

300万円分の売掛債権を買取。手数料9万円(3%)を差し引いた291万円をお渡ししましした。

その後

ファクタリングによってつなぎの現金を得ることができたG社さま。外注費も無事支払うことができたため、工事がストップすることもなく、納期通りに修繕施工が完了し引渡し。売掛金も予定通り受け取ることができたそうです。

当初、弊社に社長が面談に来られたときにはかなり逼迫していた状況だったのが私たちでもわかり、開口一番「今週中に支払わなければ工事が止まってしまいます。どうにかなりませんか!?」とおっしゃっていたのが印象的でした。

お引き渡し後は肩の荷が降りたご様子。笑顔になり、声のトーンも上がって「ありがとうございました!本当にあの工事が失敗すれば今頃どうなっていたか……」とおっしゃっていただけました。

ファクタリングを差し引いた売上700万円も手に入り、今後のために内部留保を少し蓄え、企業として土台をしっかりしていきたいと語られていました。

【東京・千代田区の建設業B社様のケース】

ご依頼の背景と状況

東京都千代田区で建設業を営むB社さまからのご依頼。公共事業で3,000万円の案件を受注しましたが、資材の仕入れなどで1,000万円もの経費が必要となることがわかり、資金繰りが困難に。売掛金は3か月後に入金予定という状況でした。

一旦は仕事を辞退しようかと迷われていたそうですが、相見積もりで勝ち取り、今後のことも考えると会社としてはなんとしてでも受注したい案件だったそうです。そこで、なんとかならないかと弊社にご相談いただきました。

審査から現金化までの期間

お電話で問い合わせをいただき、翌日に面談。申込み手続を行なっていただき、2日後に振込。お問い合わせから3日間で現金化となりました。

利用額

売掛金1,000万円分で3者社ファクタリングを実施。手数料50万円(5%)を差し引いた950万円をお支払いしました。

その後

ファクタリングで資金調達に成功したことで、資材の仕入れ手配がスムーズに。納期までに無事工事が完了しました。

ファクタリングで資金化した利益は別の案件ですでに利用できているので、運転資金もスムーズに回っている状況です。もちろん、売掛金が入金された直後に弊社にご入金いただけました。

B社さまにとっては会社の重要な案件で、本件をきっかけに仕事も増えたとのことです。「ファクタリングで資金調達をしてでも案件を受注できて良かった」と社長は語っていらっしゃいました。

建築・建設業のファクタリングまとめ

最後に、あらためて建築・建設業の資金繰りにファクタリングが有効な理由を見てみましょう。

ファクタリンクが建築・建設業に合っているメリットとは?

建築・建設業はどうしても人件費、材料費、設備費などで多額の経費がかかり、しかもこれらの費用が支払えないとなると工事がストップしてしまうことも往々にしてあります。一方で、売掛金が入金されるのは工事が完了したタイミングとなることが多いです。そのため、会社に現金がなくなって資金繰りが苦しくなるケースもあり得ます。

ファクタリングであれば手形割引や銀行融資のように審査に時間がかからないので、すぐに現金を手にすることが可能です。また、審査に通過せず融資を受けられない、信用情報に傷がつく、取引先に知られてしまう、手形割引であれば担保にした手形が不渡りになるといったリスクもありません。

早期に、確実に資金調達ができるファクタリングは建築・建設業と非常に相性が良い手段なのです。

ファクタリング会社選びが重要

ファクタリングという資金調達方法が注目されてきて、ファクタリングを専門に行う会社も増えてきました。会社によって現金化までの期間や手数料、対応しているファクタリングの種類(2社間ファクタリング・3社間ファクタリング)などが異なります。会社選びを間違えてしまうと、必要な期日までに現金が調達できない、必要以上に高い手数料を支払わなければいけないということにもなりかねません。

ファクタリング会社を選ぶ際には、現金化までの期間、手数料、対応できるファクタリングの種類を比較して、ご自身に合った会社を選びましょう。

ファクタリングならキャピタルプランナーにご相談を

キャピタルプランナーは手数料業界最安水準かつ最短即日での現金化が可能です。2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの双方に対応しており、お客さまのご都合に応じてお選びいただけます。

資金繰りに困ったら、まずはお問い合わせフォーム、お電話にてお問い合わせください。お急ぎの方はお電話でのお問い合わせが便利です。

また、弊社ではWebで必要事項をご記入いただくことで資金調達が可能な金額を診断する「簡単無料診断」システムがございます。ご希望金額や翌月売掛金などをご記入いただくだけなので、1分ほどで完了。どれくらいの資金までなら調達できるのかがすぐにわかります。ファクタリングをご検討されているのなら、ぜひご利用ください。

  |  

「ご相談、お問い合わせ」はこちら

  • お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください!TEL:0120-971-666営業時間:9:30~19:00 定休日:土日祝 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください!TEL:0120-971-666営業時間:9:30~19:00 定休日:土日祝
  • 今すぐ資金調達金額の簡単無料診断はこちら!簡単な項目をご入力いただくだけでいたします!
  • お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください!TEL:0120-971-666営業時間:9:30~19:00 定休日:土日祝 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください!TEL:0120-971-666営業時間:9:30~19:00 定休日:土日祝
  • 今すぐ資金調達金額の簡単無料診断はこちら!簡単な項目をご入力いただくだけでいたします!