メリット・デメリット

メリット

取引先に知られずに利用できる

売掛債権の売却を行うことで、お取引先さまからの信用が低下する恐れがあります。
お客さまと弊社の間で行う2社間ファクタリングであれば、お取引先さまに売掛債権の売却が知られることはありませんので、信用を失う心配も不要です。

最短即日の資金調達が可能

ファクタリングは銀行融資と比較すると、提出書類や審査も簡素です。
そのため、現金のお支払いまでに要する時間も短く、最短で即日のお支払いもできます。
急に現金が必要になった際の資金調達には最適です。
なお、3社間ファクタリングの場合はお取引先さまの同意が必要なためお時間が若干かかります。
あらかじめ同意を取付けていただければスムーズです。

信用情報に影響がない

ファクタリングは「売掛債権譲渡」にあたり、融資や借入とは本質的に異なります。
そのため、ファクタリングで資金調達をしたとしても履歴が信用情報機関に登録されることはなく、その後も融資や借入を支障なく利用することができます。
また、過去に金融事故があったとしても資金調達が可能です。

担保・保証人不要

融資や借入を利用する際には不動産を担保にする、あるいは連帯保証人をつけることを求められる場合もあります。
ファクタリングでは担保や保証人は一切不要。無担保で、保証人が見つからなかったとしても資金調達が可能です。
重要なのは売掛先の信用力です。
仮に売掛金が回収できなかったとしても保証人に迷惑をかけてしまうという心配もありません。

取引先が倒産してもお客様にリスクはない

2社間ファクタリングでは「償還請求権なし(ノンリコース)の契約」を締結します。
万が一お取引先さまが倒産して売掛金が回収できなくなったとしても、お客さまに支払い義務が生じることはありません。
確かにお取引先さまが倒産して売掛金が回収できなくなるということはファクタリング会社にとって大きなリスクとなりますが、お客さまにお支払いいただく手数料でこうしたリスクを軽減しているのです。

デメリット

3社間取引の場合は、売掛先企業の承諾が必要

お客さまと弊社、売掛先企業さま(お取引先さま)による3社間ファクタリングの場合は、売掛先企業さまとの同意が必要で、承諾がいただけない場合はファクタリングを行うことができません。
また、同意を得るためにお時間がかかる場合もあります。
同意が得られない、あるいはお取引先さまに知られたくない場合は2社間ファクタリングをご利用いただきます。

手数料がかかる

ファクタリングをご利用される際には手数料をお支払いいただきます。
前述のとおり、売掛金の回収が不能になるというリスクに備えるために、手数料のお支払いをお願いしております。
2社間ファクタリングよりも弊社が売掛先企業さまから直接売掛金を回収する3社間ファクタリングのほうが手数料はお安くなりますので、手数料を抑えたいということであればご検討ください。

売掛金以外の資金を調達できない

ファクタリングは売掛債権を売却していただくことで、売掛金分の現金をお支払する仕組みなので、売掛金以上の資金を調達することはできません。
あくまで、支払日が先の売掛金を前倒しで得られるものだと考えていただければ幸いです。
ただし、支払い金額が売掛金額を下回りかつ支払期限が迫っている場合などには有効な資金調達といえます。

分割での支払いができない

融資や借入の場合は分割で返済することが可能ですが、ファクタリングは売掛金が入ったら一括で弊社にお支払いただきます。
分割払いや延期はできませんのであらかじめご了承ください。
ただし、手数料以外の、たとえば金利などの費用は一切いただいておりません。

「ご相談、お問い合わせ」はこちら

  • お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください!TEL:0120-971-666営業時間:9:30~19:00 定休日:土日祝 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください!TEL:0120-971-666営業時間:9:30~19:00 定休日:土日祝
  • 今すぐ資金調達金額の簡単無料診断はこちら!簡単な項目をご入力いただくだけでいたします!
  • お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください!TEL:0120-971-666営業時間:9:30~19:00 定休日:土日祝 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください!TEL:0120-971-666営業時間:9:30~19:00 定休日:土日祝
  • 今すぐ資金調達金額の簡単無料診断はこちら!簡単な項目をご入力いただくだけでいたします!